カゴの中身をみる 「お茶のかねはし」会員登録と会員様ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

よくあるご質問

●お茶に関する一般的なご質問

Q.値段の高いお茶、安いお茶、何が違うの!?

A.

摘取りの早いお茶ほど、飲んだ時に美味しいと感じる成分「アミノ酸」が多く、品質の評価が高いのでお値段も高くなります。

いっぱんに4月下旬から5月中旬のいわゆる1番茶期の早い時期に摘み取った茶葉ほど、お茶を飲んで美味しいと感じる成分である「アミノ酸」(テアニンなど) がたくさん含まれています。この成分は茶葉が成長して大きくなり、硬化すると逆に減ってしまう成分です。このとき逆に増える成分が「カテキン」という渋いと感じる味の成分です。

また芽伸びの小さいうちに収穫するので単位面積当たり収穫量も少ないため、農家さんとしてもキロ当たりの単価が高くないと困るわけです。 そのため摘み取りの早い時期のお茶ほど値段も高くなります。

早く摘み取ったものほど、茶葉が小さくて柔らかいので、製品として出来上がった茶葉はたいへん細かい状態になっているのが一般的です。

ただし良いお茶ほど、苦いと感じる味の成分=カフェインも多めですので熱湯でいれるとカフェインの方が先に溶出してしまいます。

美味しい成分のアミノ酸は、水のように低温でも溶出しますが、カフェインは低温では溶出されにくい成分です。
そのため、高いお茶ほど湯冷ましをしてじっくり時間をかけて入れるというのが良い、とされています。

Q.やぶ北って何ですか?

A. 現在国内で栽培されているもっとも代表的なお茶の品種名です。

風味に優れた品種で最近の統計によれば全国の栽培面積のおよそ70%がやぶ北品種です。

Q.深蒸しって何ですか?

A. 茶葉を蒸すことで作られる緑茶ですが、従来30秒程度だった蒸す製造工程を60~120秒程度と長くして作ったお茶を一般に深蒸し茶と呼んでいます。

日照が遮られて育つ山間のお茶に比べ、日照時間の長い牧之原台地で育った茶葉は、山間のお茶の製法で製茶するとたいへん渋く、風味の評価も良くありませんでした。しかし、蒸し時間を長くする「深蒸し」によって、渋みが少なくまろやかで濃厚な味わいが人気を呼び、現在に至っております。

見た目には茶葉の組織がくずれて細かくなりやすい特徴がありますので、深蒸し茶専用の急須でお召し上がりになることをお薦め致します。

Q.どうしてブレンドするんですか?

A. 理由は2つあると思います。

(1)次の年の新茶が出るまで同じ味を維持するため
(2)ブレンドした方がより美味しいお茶ができるから

(1)例えば「100g1000円のお茶を、Aさんという生産者のお茶だけで作っていたら、足らなくなってしまい、その時点でBさんという別 の生産者のお茶を代わりに100g1000円のお茶としたら、風味が変わってしまった・・・」そういう事を避けるためです。
(2)異なる場所で異なる人が作ったお茶はそれぞれ個性があります。
あるお茶はお湯を注いだ時の水色がすばらしい緑色であったり、またあるお茶はたいへん濃厚でしっかりした風味であったり、またあるお茶は香りがすばらしい・・・
そんな個性溢れたお茶たちが混じりあってこそ美味しいお茶ができるというものです。


Q.「荒茶」と「仕上茶」って何ですか?

A.写真をごらん下さい。

商品画像商品画像

左は農家さんが作った原料となる 「荒茶(あらちゃ)」
水分含有量が多く、棒や粉なども目立ち、保存には不向きです。
そこで、この荒茶をより美味しく飲めるように 仕上げ したお茶が右。
仕上げ とは棒や粉を取り除き、茶葉の風味を引き出すために高温で乾燥させる加工のこと。
こうして出来たお茶を 「仕上茶(しあげちゃ)」 と言います。




●商品に関するご質問

Q.やぶ北茶というのが美味しいと人から聞いたことがありますが、どのお茶がそうですか?

A. 当店の煎茶はやぶ北茶ほぼ100%です。
現在静岡県で栽培されているお茶のほとんどがこの
やぶ北品種です。

Q.貴店の「やぶ北茶」という商品を人から頂きました。

見た目に粉っぽいのですがこれは粉茶ではないんですか?

A. 当店の煎茶は「深蒸し」という製法で作られているため、茶葉が細かく、粉状なっています。

そのため粉茶と間違えられますが、 粉茶とは異なります。

Q.注ぐと鮮やかな緑色に出ますが、味が薄く、香りも少ないように思います。

A. 深蒸し製法のお茶は製造過程で香り成分が揮発するので、普通蒸し製法のお茶に比べ香りがいくぶん少なめかもしれません。

そのため茶葉を直火で乾燥させる「火入れ」工程で火香をつけるわけですが、当店はお茶のもつ自然・天然の風味を生かしたお茶を念頭にお茶づくりをしておりますので、やわらかい火入れを心掛けております。

そのため香りがやや少ないとお感じになるかもしれません。

もっと香りのあるお茶をお求めでしたら別のお茶もございますので、ご検討下さいますようお願い申し上げます。

また味の濃さは茶葉の量をやや多めにいれていただくか、お湯の量をやや減らしていただければ濃いめに出るものと存じます。

Q.いつも飲んでいるお茶が美味しくなくなった。
なぜでしょう?

A. お茶の保存状態が悪く、お茶が痛んでいる可能性があります。

お茶は空気(酸素)、光、水分、高温、 臭いが苦手です。

お茶は乾物ですので腐ることはありませんが、保存状態が悪いと新鮮なものに比べ風味がひどく落ちてしまいます。

美味しく飲むにはこれらの対策をしなければなりません。上手な保存方法については こちら をご覧下さい。


●お茶のいれ方についてのご質問

Q.いつもより高いお茶を購入しましたが、美味しく感じられません。なぜでしょうか?

A. たいへん恐れ入ります。
もしかするとお茶のいれ方の過程に何か原因があるかもしれません。 以下をチェックしてみて下さい。


(ア)茶葉の量はどうでしょうか? 
良いお茶の場合、渋みが少ないので味わいも柔らかく薄めに感じられるかもしれません。そのため1回分の茶葉が少ないと味が薄いと感じられるかもしれません。 同じ湯量であれば、安いお茶よりも茶葉をやや多め に入れてみて下さい。

(イ)浸出時間は早すぎないか?
茶葉の量が良ければ、あとはお湯を入れてから注ぐまでの時間はどうでしょうか? お湯を入れてから30秒程度待ってから注いでみて下さい。

(ウ)お湯の温度はどうでしょうか?
沸かしたての熱湯では美味しく入れられませんが、かと言って温度が低すぎても内容成分が浸出しづらいですし、香りも立ちません。 75~80℃程度が適温かと存じます。

(エ)お湯(水)は良く沸かしたものをお使い頂いておりますでしょうか?
水道水のカルキ臭が強い場合、お茶の風味に臭いが出てしまいます。一度よくお湯を沸騰させればカルキも飛んで美味しくいれられます。

また、ミネラルウォーター(硬水)の場合、お茶の内容成分が浸出しにくかったりして美味しく飲めない場合もあります。
水道水を良く沸かしてみて下さい。

Q.急須はどんなものが良いでしょう?

A. 深蒸し煎茶を美味しくいれるには、やはり内側に細かい網がついたものが良いようです。

網が付いていないものですと、茶葉が急須内部で詰まったり、茶葉が湯呑みまで出てしまい美味しく入れられないからです。急須内部の周囲をぐるっと囲むように帯状の網が張られてある、「帯網」や底部に張られてある「底網」の急須が比較的良いようです。 また持ちやすさやデザインなど、飽きのこないものを選ぶことも大事だと思います。

Q.お茶を飲むのに使う急須や湯のみ、どんなものが良いでしょうか?

A. 材質としては磁器製あるいは陶器製ということになると思いますが、材質による風味の違いはほとんど無いでしょう。

私見ですが、磁器製のものは熱伝導が良いため、熱湯で入れる番茶や玄米茶、ほうじ茶のようなものは向かないと思います。
玉露や上級煎茶など、湯冷ましをしてじっくりいれるようなお茶は磁器製、そうでないものは陶器製が良いのではないでしょうか。
磁器製のもので比較的小振りのものは値段も張りますし、上級煎茶や玉露用に作られているようです。


●お茶の保存に関するご質問

Q.お茶の賞味期限は?

A. 当店では真空パックの賞味期限を半年、缶詰茶(抹茶を除く)の賞味期限を1年としています。

未開封の状態で直射日光の当たらない常温の環境で保存されている場合の目安ですので、開封後はなるべく早くお召し上がりになられた方が良いでしょう。 他店では真空パックの賞味期限を1年としている場合もありますが、その辺りの取り決めはお店の自主性に任せられているようです。


一般にお茶は1年草と言われ、1年後にはまた新茶に切り替わってしまうために、半年という判断をしています。したがって賞味期限の半年を過ぎても、飲めないわけではありませんし、保存状態次第で美味しく飲める場合もあります。

Q.家庭での上手な保存方法は?

A. 真空パックは数日分の飲み量だけ開封し、茶缶 などの密封容器に移し替えたものから使用するようにします。開封後は1週間~10日程度を目安に飲み切って下さい。

また未開封の真空パックは冷蔵庫の冷凍室で低温保存がベストですが、冷蔵庫に入りきらない場合は 温度変化や湿気が少なく、光の当たらない涼しい場所で保管しましょう。
ただし冷蔵庫から出して開封する場合は注意が必要です。冷えたまま開封すると、茶葉が結露して痛んでしまいます。そのため開封する前に真空パックの表面 に水滴が付かなくなった状態(常温)に戻してから、開封して下さい。


●送料に関するご質問

Q.3千円の買い物で送料サービスというお店もありますが、貴店は高くありませんか?

A. はい、おっしゃる通りそのようなお店もありますが、同価格のお茶を飲み比べて頂ければその違いがお分かりいただけるものと確信しております。

当店はお茶の値段を努めてお安くしており、送料分を単価に上乗せしておりません。
他店の100g1000円のお茶でしたら当店では100g800円以下のお茶に相当すると自負があります。
送料を上乗せした価格設定ですと、お茶が好きでたくさんお買い求めになる方ほど、送料分の金額を目に見えないかたちで何度も頂くことになります。お茶好きな方に「安くて美味しい」と喜んでいただけるお茶づくりが当店の精神です。


●ポイントに関するご質問

Q.ポイントについて教えて下さい

A. 当店の商品価格は既に徹底してお安くした価格ですので、○○%引きというような割引はできません。


しかしたとえ些少でもお客様のご購入額に応じて公平に還元させていただきたい!という思いからこのサービスを実施しております。


■ポイントキャンペーンについて


●送料・消費税を除く税抜商品合計に対して、ご入金後ポイントを加算させて頂きます。
●税抜100円のお買上げ商品につき1ポイント、1ポイントにつき1円としてご利用頂けますが、現金との交換はできません。
●ご利用は原則としてその時点でお持ちの全ポイントを使用するものとします。
●売り出し期間によって2倍キャンペーンを実施いたします。
●今のところ有効期限はありません。
●ご請求先のお客様にポイントが加算されます。 ご家族間での流用はできません。
●一部の商品については対象外となることがあります。
●お客さまのポイント残高は納品書の下部に印字されます。
●利用の際は御注文の際に『ポイントを使う』とお申しつけ下さい。


●その他のご質問

Q.妊婦さんが食事中にお茶を飲むと、鉄分が吸収されず貧血症状になると聞いたことがありますが?

A. お茶に含まれるタンニンが食事中の鉄分とくっついて吸収されなくなると言われますが、鉄分の吸収が低下しても、病院で処方された鉄剤を内服している限り薬は吸収されているので、貧血改善効果 が得られると言われています。

お茶で鉄剤を服用するのを避ければ、さほど問題はないようです。心配でしたら1時間くらい間を空けてお飲みになるか、薄めにした方が良いでしょう。タンニンは緑茶だけでなく、ほうじ茶、紅茶、コーヒーにも含まれますのでご注意下さい。

ご案内

ページトップへ